取扱メーカー

Cielo

アメリカ、ポートランド、自転車の街でCHRIS KING(クリスキング)が1978年に現地でのみ始めたブランド CHRIS KING製品を知っている方には多くを語らなくても伝わる所もあると思います。
医療機器の製造に携わってきたクリス・キング氏が1976年に自転車用ヘッドセットを製作。
1978年にフレームの製造に着手し 2011年がCieloにとって日本初年度でいてデビューイヤー。
妥協させない妥協しない、古い物も良いと伝えそれを今の技術で昔ながらの少人数で確実にゆっくりと作られています。
実際にアメリカではシクロクロスや色々な現場で活躍しています。
基本はクロモリと言われる鉄、きっと殆どの方が身の丈に有った良い自転車だと思って乗って頂けると思います。


CHERUBIM

1965年に東京にて始まったCHERUBIM、現在は二代目の今野真一氏が製作を行っています。
日本のハンドメイドスチールフレームの歴史を作ったブランドです。
1968年にメキシコオリンピックにて日本人新記録6位入賞や現在も北米で行われる世界最大のハンドメイドバイシクルショー・NAHBSにおいても各賞を受賞。
世界にまでその名前を広める日本でも類をみないハンドメイドフレームブランド 「想像の向こうへ」をキーワードにスチールフレームの常識を越えた魅力的なラインナップです。


EXTAR PROTON

1970年の終わり大阪でPROTONと言う名前で始まりました。
80年初頭にEXTAR PROTONにブランド名を変更し現在のビルダー橋口氏が単身独立。
職人は天文学が好きでそこから由来されるマークがトレードマークになっています。
今はなきサンツアーチームのフレームを供給し様々なフレームを製作を行いチームをサポート。
ピスト、ロード、小径車、ソフトライドなど問わずお客様に合わせたオーダーバイクを製作し続け 今もなお大阪でゆっくり着実にフレームを製作しています。


FUJI

日本で誕生し100年以上の歴史を誇るブランド
その歴史と数々の新しい挑戦、ユーザーフレンドリーなブランドとして エントリーユーザーからレーシングバイクまで幅広く手がける。
現在も国内外問わずレース活動も行い、デザイナー等とのコラボモデル等 一つに縛られずにひたすら進んで行くそんなブランド。
きっとあなたの良い相棒になってくれる事でしょう。


Sunrise cycless

Sunrise cyclesは東京都杉並区・高円寺の片隅にワークショップを構えるFrameShopです。
For any purpose with best way をコンセプトに大量生産やコンセプトの無い(設計意志のない)物ではなく 使い手の使い方まで考慮した設計、工作から出来上がる1台を喜びに日夜活動しています。

国内のフレームブランドの中でも特色が有り、当店と殆ど同時期にSTARTされました。
その場所に合う(都心・山etc)物を少量生産の小回りを武器に発表して行く事でしょう。


wynn's

現在は世界110カ国以上で販売され6カ国で製造されています。1939年アメリカはカリフォルニアにてスタート。
「NASAの月面着陸」「米国海軍」「NASCAR」など極限の性能を必要とする世界で活躍するケミカルブランドです。
自転車専用のケミカルがラインナップとして有りませんので現在MOVEMENTとwynn'sで配合を見直し、自転車に使いやすいケミカル用品の製作をお願いしています。
コストを度外視した物作りで、使用した人に驚きを与えられるものを製作します。